本文へスキップ

相談しやすい女性税理士/南京子税理士事務所は大阪市、東大阪市、八尾市、大東市、生駒市、奈良市の社長さまを全力でサポートします

TEL. 072-967-1178

〒578-0924 大阪府東大阪市吉田7-3-17

土地の取得価額2016.8.24

古家が建っている土地を取得する場合

土地を取得する際に、更地ではなく建物が建っている場合がありますね。
当初から土地を利用する目的で、建物を併せて取得し購入後にその建物を取り壊した場合、
取り壊し費用等の処理はどうなるのでしょうか。

法人税基本通達7−3−6においては、
取り壊した建物の帳簿価額と取壊費用は、その土地の取得価額に算入する、

と規定されています。
また、もしも取壊しの際に生じた廃材を処分して得た金額がある場合は、
その金額を取壊費用から控除する事も規定されています。
この考え方は、実質的に納税者が負担した金額を所得の増減に関与させる、
という所得税法の基本的な姿勢を表しているな、と感じました。
事業所得における資産損失や、雑損控除、医療費控除の際に、
受け取った保険金等がある場合に、それらを控除するという概念と通じるものがあります。

法人税法と所得税法とでは税目は違いますが、
立法の基本が同じ理念に基づいているという事を改めて感じました。
当たり前のことなのですが。
税法のそもそもの立法趣旨を理解する事が
税法のグレーな部分クリアにしていける近道なのかもしれないですね。

バナースペース

南京子税理士事務所
近畿税理士会 東大阪支部所属

〒578-0924
大阪府東大阪市吉田7-3-17

TEL/FAX:072-967-1178
MAIL:info@minami-tax.com

    女性税理士南京子
 税理士:南 京子

 東大阪市・八尾市など近隣にお住まいの方
 近くの相談しやすい女性税理士が、
 困った時はいつでも駆け付けます。
 お気軽にご相談ください。